はじめに

海外で就職をしようと思ったときに最も手軽で効果的なのは専門の転職サイトを使う事ですね。人材がほしい企業側は求人募集を人材紹介会社に任せているので、就職を考えているひとも人材紹介会社に登録しておくことでマッチングしてもらう事ができるのです。

勿論、その国々の求人誌や、商工会を使ってもOKですけど、やはりネットを活用した転職サイトが便利です。バンコクはタイ国の最大の都市であり日本の会社が多く進出しているため、日本人向けの求人が見つかりやすいです。バンコクで働いているかたは日本から派遣されてきた駐在員か、現地採用の社員とその家族が占めています。

 

バンコク就職をめざすために、おすすめの転職サイト(人材紹介会社)

現地採用をめざすかた、駐在員をめざすかたそれぞれ自分にあった転職サイトを活用しましょう!

リクルートエージェント

リクルートのサービスの1つで海外就職専門のサイトです。日本企業に就職してバンコク駐在員を目指したい方は間違いなくコチラがおすすめですね。何より求人数が豊富な事と、キャリアアドバイザ(CA)と呼ばれる担当者が、自分ピッタリの業界、職種から求人を探してもらう事ができます。

 

ジェイエイシー・リクルートメント

古くからバンコクでの就職を支援してきた外資系の人材紹介会社です。日本、バンコク、フィリピン、香港などに支社がありその国の情報を収集するのにもとても活用できます。キャリアアドバイザが在籍しているので、希望するキャリアに合せて、就職を支援してもらえるでしょう。こちらは駐在員よりもバンコク企業の求人にリーチしたい場合に活用したいサービスです。

 

パソナワールドJOB

こちらも外資系人材紹介会社になりますね。海外に支社がありバンコクも例外ではありません。バンコク企業の求人もあつかっていますから、駐在員ではなくロングステイを考えている方はJACとあわせて活用してみてください。

 

 

バンコク就職はどのようにして為す?!

タイには約5万人の日本人が生活していて、そのうち2万人がバンコクに集中しています。日本人学校も2校あり世界でも最も日本人が多く滞在している国の1つなのです。彼らの多くは駐在員として働いている方です。バンコクに進出した日本企業の使命を持ってきている人たちです。

そのため生活レベルは高いといえます。年収はかなり高く、それは手当のおかげもあります。日本人が多く住んでいるエリアで比較的上質のマンションで生活し、家政婦や車の運転手もいる場合もあります。通勤費や子供の学校費用も会社持ちということもめずらしくない、それが駐在員として働く魅力なのでしょう。

バンコク就職をめざすにはまず日本で海外に支社を展開する会社を探すところからスタートですね。いまだと自動車関係、製造業、IT系のバンコク求人が増えています。それから営業職は比較的どの業種でも募集が見つかることでしょう。それから貿易関係は勿論昔から仕事が見つけやすいですね。

もう1つのバンコク就職。こちらは完全に「バンコクで就職する」という選択肢です。バンコクに籍をおく会社に入る方法もあります。駐在員のように数年で帰国することはありません。完全にロングステイです。タイに移住したい人で仕事を探してる人にももってこいですね。 ただ残念ながら駐在員ほど裕福な生活は勿論不可能です。どちらも一長一短なので働き方、生活のしかたを考えて選択するようにしましょう!